くらし情報『『とくダネ!』三重県津市“自治会長”逮捕にだんまり「人権問題の闇を深めてる」』

2021年3月10日 11:02

『とくダネ!』三重県津市“自治会長”逮捕にだんまり「人権問題の闇を深めてる」

小倉智昭

(C)まいじつ

3月9日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、三重県津市の職員を〝私物化〟した自治会長に関するニュースを報道。問題の核心に触れようとしない番組の姿勢に、ネット上で批判の声が殺到している。

今回番組で取り上げられたのは、津市の自治会長が詐欺容疑で逮捕されたというニュース。番組によると、田辺哲司容疑者は知人の男と共謀し、自治会の看板工事をめぐり、市から補助金をだまし取った疑いをもたれている。

とくに世間から注目を集めているのは、田辺容疑者による傍若無人な行動。彼は市の職員を〝私物〟のように扱い、犬の散歩をさせたり、丸刈りや土下座といった前時代的な謝罪を強要していたという。また、自身が経営に携わっていた飲食店のイベントに参加するチケットを職員に購入させたり、職員を従業員のように扱い、皿洗いや調理をさせていたそうだ。

■ 「詳しいこと」はタブー扱い?

田辺容疑者のこれまでの悪行が紹介されると、番組MCの小倉智昭は「田辺容疑者って何者なの?」「自治会長がなんでそんなに市役所の人間とかをコキ使えるんですか?」と疑問をぶつける。すると、キャスターの立本信吾は「その理由っていうのがまだちょっとわからないんですが…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.