くらし情報『加藤浩次への“圧力”はあった? 契約終了に憶測飛び交う「吉本の報復か」』

2021年3月11日 17:30

加藤浩次への“圧力”はあった? 契約終了に憶測飛び交う「吉本の報復か」

加藤浩次

(C)まいじつ

吉本興業が3月9日、お笑いコンビ『極楽とんぼ』加藤浩次とのエージェント契約を今月末で終了すると発表。突然の事態に、ネット上からは驚きの声があがっている。

吉本は公式サイトで、《タレント加藤浩次は当社とエージェント契約を締結したうえで芸能活動を行っておりましたが、双方の協議の結果、同契約の期間満了により2021年3月31日(水)をもってエージェント契約を終了することになりました》と報告している。

加藤は、2019年の闇営業問題で吉本の対応を批判。MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で「今の社長、会長体制が続くのなら、俺は吉本興業を辞める」と発言していた。そして発言の翌日、大崎洋会長と3時間を超える会談を行ったそうだが、結論は出ず。その後、〝専属エージェント契約〟を発案して吉本と締結していた。

なお加藤のエージェント契約は終了するが、相方の山本圭壱は吉本に残留し、コンビは存続するそうだ。

■ 加藤への圧力はあったのか…?

契約終了が発表された翌日の10日、『スッキリ』に出演した加藤は、番組冒頭でこの話に触れ、吉本から契約終了しようと言われたと明かした。そして、これからの活動について「4月から新しい事務所を作ってやっていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.