くらし情報『コロナの救世主…?『とくダネ!』の“イベルメクチン”特集に賛否』

2021年3月11日 11:01

コロナの救世主…?『とくダネ!』の“イベルメクチン”特集に賛否

小倉智昭

(C)まいじつ

3月10日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、世間を賑わせる〝イベルメクチン〟について特集。新型コロナウイルスが進行形で猛威を振るっている今、視聴者からも大きな注目が集まっていた。

同日の番組では、冒頭からイベルメクチンに関する詳しい説明が。もともとは寄生虫の治療薬として、発展途上国を中心に多くの患者を救った実績のある薬だという。一方で新型コロナウイルスに対して日本では〝未承認〟であり、北里大学で治験が続けられていることも明かされた。

さらに海外ではイベルメクチンの治験により、死亡率が約4分の1に減ったという事例も。他にも症状の改善や入院期間の短縮、ウイルス消失までの日数短縮といった効果が期待されることが紹介された。

■ 期待の声だけでなく不安の声も?

また、イベルメクチンに関しては菅義偉首相も期待を寄せているようで、番組では「政府としては(治験の)さらなるスピードアップに向け必要な対応を検討させたい」といった言葉も紹介。今回の特集に対してネット上では、

《イベルメクチンの話してくれてありがとう!》
《イベルメクチン、やっと動き出した?》
《なぜ日本はイベルメクチンをコロナに使わないの?厚労省が癌過ぎる》
《イベルメクチンを開発したメルクは、化学の業界では有名だけど、製薬企業としては小さい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.