くらし情報『香取慎吾『アノニマス』視聴率“停滞”続く…若手イケメンと世代交代必至か』

2021年3月14日 11:03

香取慎吾『アノニマス』視聴率“停滞”続く…若手イケメンと世代交代必至か

香取慎吾

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優・香取慎吾が主演のドラマ『アノニマス~警視庁〝指殺人〟対策室~』(テレビ東京系)第7話が3月8日に放送。平均視聴率は4.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。

同ドラマの第1話は7.3%で好スタートを切り、第2話5.7%、第3話6.0%、第4話5.7%と6%付近を推移していた。しかし、第5話で〝打ち切りライン〟の5%を割り込む4.7%を記録。さらに第6話で4.4%まで落ち込んでいたが、今回はわずかながら回復を見せた。

視聴者からは、絶賛する声もあがっている同作。しかし肝心の視聴率は、一向に上向かない。一体なぜなのか。

「刑事ドラマとしてはテーマが斬新で、そこに面白さを見い出しているドラマファンの間では、おおむね好評です。テレビ東京が映らない地方では、動画の無料配信サービス『TVer』で欠かさず視聴しているという人も多い模様。しかし一方で、香取を受け付けないという人が思いのほか多いのも事実です。もともとバラエティーで活躍する印象のほうが強く、44歳になった今では、それなりの〝存在感〟を示さないと、ドラマの主役としては厳しいでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.