くらし情報『『スッキリ』不適切表現で日テレが謝罪! しかし視聴者の怒り収まらず…』

2021年3月15日 11:01

『スッキリ』不適切表現で日テレが謝罪! しかし視聴者の怒り収まらず…

『スッキリ』不適切表現で日テレが謝罪! しかし視聴者の怒り収まらず…

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

3月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、〝アイヌ民族〟に対する不適切な発言が。それに伴い、同日のニュース番組『news every.』(同系)で謝罪が行われたものの、ネット上では厳しい声が相次いでいる。

その日の『スッキリ』は、動画配信サービス『Hulu』で配信されるアイヌ女性のドキュメンタリー『Future is MINE -アイヌ、私の声-』を特集。その際に番組に出演していたお笑い芸人・脳みそ夫が、〝なぞかけ〟で「この作品とかけまして動物を見つけたときと解く。その心は『あ、犬』」と言い放つ。この件を受けて夕方の「news every.」では、藤井貴彦アナウンサーが代わりに謝罪を行うのだった。

■ 日本テレビの無知による失言

『スッキリ』制作陣は知らなかったようだが、民族名に〝犬〟をつけることは昔から続く侮辱用語。この不適切な発言や、脳みそ夫ではなく藤井アナが謝罪したことに対して視聴者は怒りを覚え、ネット上には、

《配慮が無くて小学生レベル。芸人としてそれで良いのかな。芸人同士なら単なる前振りですが、民族名や個人名などのネタとして準備して来たのならちょっと痛いです》
《無知は差別を生むとは言え、無知は無知。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.