くらし情報『上白石萌音『ボス恋』最終回に大酷評「私の3カ月を返して」「最後が一番クソ」』

2021年3月19日 10:31

上白石萌音『ボス恋』最終回に大酷評「私の3カ月を返して」「最後が一番クソ」

玉森裕太

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月16日、女優・上白石萌音主演の連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の最終回・第10話が放送された。しかし視聴者からは、「最終回が一番クソ」と批判を浴びている。

同作は、ドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)が務めるファッション雑誌「MIYAVI」の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)と、イケメン御曹司・宝来潤之介(玉森裕太)の恋模様を描いた、お仕事ラブコメディーだ。

これまでの話で、奈未は潤之介と交際を開始。潤之介からのプロポーズも了承したのだが、潤之介が親の会社を継ぐために金沢に帰らなければならないと知ると、表情を曇らせる。奈未はいつの間にか仕事に愛着が湧いており、この仕事を続けるため東京に残ることを決意。そして奈未と潤之介は、涙の破局をするのだった…。

第10話では、そんな2人がすぐに再会。そして奈未は、潤之介の夢であるカメラマンの道へ進むことを後押しする。すると潤之介は奈未の言葉に感化され、会社を継ぐことを辞める。さらに、なぜかカンボジアでカメラマン活動をすると言い出した。潤之介は日本を飛び立つ日、奈未の職場を訪れて熱い抱擁を交わす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.