くらし情報『阿部寛『ドラゴン桜』続編の“爆死”確定!? 期待値が低い2つの理由』

2021年3月21日 19:00

阿部寛『ドラゴン桜』続編の“爆死”確定!? 期待値が低い2つの理由

阿部寛

(C)まいじつ

先日6人目の生徒役として元『欅坂46』平手友梨奈の出演が発表された、4月スタートの新ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)。しかし、ネット上では厳しい声があがっており、早くも〝爆死確定〟などと言われている。

「ドラゴン桜」といえば2005年にTBS系列でドラマ化され、最終回では平均視聴率20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した大人気作品。新ドラマは原作コミック『ドラゴン桜2』が物語の下敷きとなっており、前作から16年後の物語が描かれていく。

発表されているキャストは、桜木建二役の阿部寛と、かつての教え子・水野直美役の長澤まさみが前作から続投。そして生徒役は3月17日時点で、平手、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、南沙良の6名が発表されていた。

ティザー第2弾公開✨
日曜劇場『ドラゴン桜』4月スタートです❗#ドラゴン桜 #阿部寛 #長澤まさみ #南沙良 #鈴鹿央士 #志田彩良 #細田佳央太 #佐野勇斗 #早霧せいな #江口のりこ #及川光博 #ドラゴン桜予想 残りあと3人‼️ pic.twitter.com/ZrYmAGcKUR

— 【公式】日曜劇場『ドラゴン桜』@TBS (@dragonzakuraTBS)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.