くらし情報『藤原竜也『青のSP』最終回に酷評「浅い脚本」「茶番感がすごい…」』

2021年3月18日 11:00

藤原竜也『青のSP』最終回に酷評「浅い脚本」「茶番感がすごい…」

藤原竜也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優・藤原竜也が主演のドラマ『青のSP ―学校内警察・嶋田隆平―』(フジテレビ系)が、3月16日の放送で最終回を迎えた。その内容に、やはりツッコミの声が寄せられている。

同作は学校内でのトラブルを解決していくスクールポリス・嶋田隆平(藤原)の姿を描いた、警察官と学園エンターテインメントがコラボしたドラマ。最終回では、1年前に起きた元美術教師・岡部(遠藤雄弥)が涌井美月(米倉れいあ)へ起こした暴行未遂事件が、美月と尾崎香澄(鈴木梨央)が企んだ事件だったと判明する。

その後、ひと悶着があったものの、体を張った隆平のおかげで事件は無事に解決。この事件は最終的にマスコミ沙汰に発展し、インタビューを受けた国語教師の浅村涼子(真木よう子)は「確かにこういった事件が起こった以上、スクールポリスは必要だと思われても仕方ない」「教師が叱るときは叱り、守るときは守る。それが本来の学校。スクールポリスは学校には必要ありません。私たちは、スクールポリスが必要のない学校をつくっていきたい」などと信念を語るのだった。

■ 優秀な出演者たちのおかげ?

感動の最終回ではあったが、視聴者たちは終始脚本には疑問を抱いていたようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.