くらし情報『菅野美穂も豊川悦司も棒演技…『ウチカレ』最終回がボロボロの理由とは』

2021年3月20日 17:30

菅野美穂も豊川悦司も棒演技…『ウチカレ』最終回がボロボロの理由とは

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

女優・菅野美穂が主演を務めるドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)の最終回・第10話が3月17日に放送された。ネット上では「全員演技が下手に見える」との声があがっている。

主人公の水無瀬碧(菅野)は、シングルマザーとして娘を育てつつ、連載を抱える小説家。〝恋愛小説の女王〟として一世を風靡したが、今はすっかり落ちぶれて〝オワコン〟となりつつある。また、大学生の娘・空(浜辺美波)が筋金入りの二次元オタクで、浮いた話がまるでないことを心配。そんなある日、碧は久々の恋を、空は人生初の恋をしていく…というストーリーだ。

これまでの話で、空は碧の実の子ではないと発覚。そして空の本当の父親で、碧が若い頃に恋をした男性・一ノ瀬風雅(豊川悦司)が登場した。

最終回では、風雅が碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹)を挑発。碧に軽い気持ちで手を出そうとする風雅を見て、ゴンちゃんは何度も風雅を殴りつけた。しかし、これは風雅の策略。空を置いて放浪していた自分を誰かに思いっきり殴ってもらうこと、そして、ゴンちゃんに碧への想いを気づかせる意図があったようなのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.