くらし情報『TBS・田村真子アナに称賛の声!“お嬢様キャラ”脱却で看板アナに…?』

2021年3月22日 07:31

TBS・田村真子アナに称賛の声!“お嬢様キャラ”脱却で看板アナに…?

TBS・田村真子アナに称賛の声!“お嬢様キャラ”脱却で看板アナに…?

(C)Anastasia_Vishn / Shutterstock

3月17日放送の『水曜日のダウンタウン』が、人気クイズ番組『東大王』(ともにTBS系)とのコラボ企画を実施。氷点下12度の雪中、半袖でばらまきクイズが行われ、さまざまな声があがっている。

深夜1時30分から開始されたクイズは、雪中にばらまかれた封筒を拾って中のクイズに答えるというもの。寒さに耐えかね、ロッジに避難した時点で失格となるルールだ。企画では次々と出場者がリタイアするなか、『安田大サーカス』の団長安田が唯一、クイズを続行していた。しかし、2時間25分が経過してもやめる気配がなかったことから、最後は強制的に終了となった。その間、クイズ出題者の田村真子アナウンサーは、マイナス12度という極寒の中、笑顔でクイズを出し続けていた。

この放送に、ネット上では

《朝4時終了だから、スタート時のマイナス12度より確実に寒かったでしょうね。田村アナ、撮影スタッフなど、じっとしてる方は本当に大変だったと思います》
《動いている団長より田村アナの方がきつかったと思う。ていうか、令和になった今でもこういう身体を張ったバラエティーやってることに驚いた》
《途中からただの拷問みたく思えてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.