くらし情報『竹内涼真『君と世界が終わる日に』最終回に批判!「いくらなんでも酷い」』

2021年3月23日 11:00

竹内涼真『君と世界が終わる日に』最終回に批判!「いくらなんでも酷い」

竹内涼真

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月21日、俳優・竹内涼真の主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)が最終回を迎えた。また、翌日22日には視聴率も明らかになったのだが、視聴者からは批判の声が続出している。

同作は、ゾンビのはびこる終末世界を舞台に、主人公の間宮響(竹内)が、消えた恋人・来美(中条あやみ)を探しながら仲間たちと共に必死に生き延びようとする姿を描いたサバイバルドラマ。最終回では人々をゴーレムにしてしまう〝ゴーレムウイルス〟の秘密が明らかになり、首謀者の首藤(滝藤賢一)も倒すことができた。そして仲間たちは新しい日常を勝ち取り、響と来美も手を取り合って生きていく。しかし来美の手には、異変が現れ始めたのだった…。

#君と世界が終わる日に
Season1 最終回
ご視聴ありがとうございました‍♀️

物語はSeason2へと続きますが、
ここでいったん一区切り。
これまでSeason1への沢山のご声援、
本当にありがとうございました ‼️‍♀️ pic.twitter.com/jTDWF5coI9

— 君と世界が終わる日に【公式】Season2 (@kimiseka_ntv)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.