くらし情報『“夫婦別姓”導入はまだ早い? モデル・牧野紗弥の選択に批判「共感できない」』

2021年3月28日 10:32

“夫婦別姓”導入はまだ早い? モデル・牧野紗弥の選択に批判「共感できない」

“夫婦別姓”導入はまだ早い? モデル・牧野紗弥の選択に批判「共感できない」

(C)Bruno Passigatti / Shutterstock

女性ファッション誌『VERY』などで活躍するモデルの牧野紗弥が、夫婦別姓に向けた準備をしていると公表。ネット上で物議を醸している。

牧野は昨年「VERY」誌上で、《『家事育児は女性のもの』と思ってたけど、モヤモヤが言語化。家庭内ジェンダーに気づいた》などと発言。また2月号では、《言葉の問題ではありませんが一度意識をすると夫のことを外で『主人』と呼ぶことはなくなりました》《自分が夫の『姓』を名乗る違和感をずっと感じていました。それを取り払ったときにどんな自分、夫婦、家族になれるだろうと、明るい未来が思い描けたんです。そこから家族に『夫婦別姓』を提案。『法律婚』から『事実婚』の形に変えることになるので法律上は籍を抜くことに》と事実上、離婚することを明かした。

牧野は3月24日放送の『news zero』(日本テレビ系)で密着取材に応じ、あらためて自身の考えを表明。VTRでは、子どもたちに「ママが牧野って(名字に)するの嫌だった? 怖かった?」と質問するシーンが流れたが、5歳の次男は「めちゃくちゃ怖い」と不安な気持ちを吐露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.