くらし情報『お笑い第7世代は絡みづらい? さまぁ~ず・狩野英孝の本音が漏れる…』

2021年3月28日 17:32

お笑い第7世代は絡みづらい? さまぁ~ず・狩野英孝の本音が漏れる…

霜降り明星

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月22日放送の『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に、狩野英孝がゲスト出演。お笑い第7世代との絡みについて弱音を漏らしたところ、MCの『さまぁ~ず』も共感していた。

狩野は第7世代との共演時に「絡みにいけない、今、(彼らは)すっごい大事な時期じゃないですか」と明かす。自分が絡みにいって第7世代をすべらせて、視聴者に「あいつ面白くないな」と思わせてしまったら責任がとれないと感じているようだ。

狩野は『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に「50TA」というアーティストとして出演しているが、これをもじった「50PA」として『ぺこぱ』が登場した際も、向こうから来る分には絡んでいけるが、自分からは絡んでいけなかったそうだ。

■ 新型コロナの影響が仕事にも…

こういった狩野の悩みに対して、三村マサカズも少し共感。例えば、第7世代がギャグを言っている時に、被せて邪魔しにいくような絡みを「大人げないのかなって思っちゃう。昔は平気でやっていたけど、第7からそうなったかもしれない」と吐露。ギャグが終わるまで待ってあげるスタンスになってしまったそうだ。

また、今は新型コロナウイルスが流行しているため、打ち上げで飲みに行けず、第7世代の本音を聞けないことも絡みにくさに影響しているそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.