くらし情報『小倉智昭『とくダネ』最終回で爆弾発言! 愛と感動の22年に惜別の声ズラり…』

2021年3月28日 11:03

小倉智昭『とくダネ』最終回で爆弾発言! 愛と感動の22年に惜別の声ズラり…

小倉智昭

(C)まいじつ

3月26日、人気長寿番組『とくダネ!』(フジテレビ系)が、ついに最終回を迎えた。

22年間、5646回にも及ぶ歴史の終止符とあって、番組は頭から独特の雰囲気。複数のスタジオと中継を結び、これまで番組に携わってきたアナウンサーやコメンテーターが多数出演する。中には、小倉の最後を見届けるため、数年ぶりに出演した者も。小倉がいかに愛されているか、その人望が分かるだろう。

過去を振り返るコーナーでは、当サイトでも報じていたカミングアウトも飛び出す。元レギュラーのフリーアナ・笠井信輔は、「とある団体が小倉さんのコメントにクレームをつけてきて…」と、怒髪天を衝く抗議により、番組終了の危機があったことを激白。すると、最終回で忖度が不要のためか、小倉は「日本相撲協会って言えばいいじゃん」と実名で暴露したのだ。

笠井が「それ言っていいんですか!?」と慌てると、小倉は「だって事実だもん」と毛ほども悪びれずにバッサリ。危機一髪の発言だが、本人は「小倉降板じゃなくて広報部長が降板しちゃった(笑)」と心臓に毛が生えたような男らしさを見せている。

■ 愛されていた“国民的おじいちゃん”小倉智昭

その後、スタジオには大黒摩季と『コブクロ』が駆けつけ、小倉のために生ライブを披露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.