くらし情報『広瀬すず『ネメシス』初回11.4%! 急降下必至のザンネン要素とは…』

2021年4月15日 07:31

広瀬すず『ネメシス』初回11.4%! 急降下必至のザンネン要素とは…

広瀬すず 櫻井翔

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

広瀬すずと櫻井翔がW主演する連続ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)が4月11日に放送。初回の平均世帯視聴率が11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。

同ドラマは、広瀬演じる天才助手・美神アンナと、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディが、難事件を次々と解決していくミステリー。第1話では、探偵事務所ネメシスに依頼者第1号として、美人医師(大島優子)が登場し、話題になっていた。

「初回でこの数字は、日本テレビ制作の日曜ドラマ過去5年間で最高の視聴率です。放送中にもツイッターのトレンドで1位を獲得し、視聴者から大評判でした。もっとも、好評なのは主演の櫻井見たさのジャニーズファンや、広瀬ファンがこぞってチャンネルを合わせたからでしょう。ドラマの内容は必ずしも出来がいいとは言えず、ドラマ通からはかなり厳しい意見も聞こえてきます」(エンタメ誌記者)

■ 推理の“単純さ”にガッカリする声

実際にネット上では、

《謎解き部分が全く緊張感なくて正直つまらなかった。ギャグポイントも弱いし、クスッと笑えるところもない》
《豪華なセットの割に謎解きもイマイチ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.