くらし情報『『ユニクロ』に国内外から猛批判! 不買運動に発展「事実がわかるまで買わない」』

2021年4月14日 11:02

『ユニクロ』に国内外から猛批判! 不買運動に発展「事実がわかるまで買わない」

『ユニクロ』に国内外から猛批判! 不買運動に発展「事実がわかるまで買わない」

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock

4月8日、『ユニクロ』などを傘下にもつ『ファーストリテイリング』の2020年9月~21年2月期決算会見が行われた。そこで柳井正会長兼社長が中国・新疆ウイグル自治区の人権問題を黙殺したため、日本のみならず海外でも波紋が広がっている。

ウイグル自治区は、中国の西端にある自治区。中国の陳全国や朱海侖などによる徹底的な管理統制が行われており、住民は政府からの監視と共に強制労働を強いられているという。欧米各国や人権団体らは「現代の奴隷制である」とウイグル自治区の現状を問題視。それに伴い2020年9月にアメリカでは「ウイグル強制労働防止法」が可決された。

一見するとウイグル問題と『ユニクロ』に何の接点もないと思われるが、「ウイグル強制労働防止法」法案は、強制労働によって生産されていないという証拠がない限り、同自治区からの製品の輸入を禁じ、企業の供給連鎖から除外している。

「ファーストリテイリング」によれば「全ての工場、全ての綿花(の労働・生産環境)を監視している。(もしも強制労働などの)問題があれば取引は停止している」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.