くらし情報『明石家さんま“セクハラ質問”に批判「本当に失礼」「気持ち悪いなぁ」』

2021年4月14日 11:04

明石家さんま“セクハラ質問”に批判「本当に失礼」「気持ち悪いなぁ」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

女優の北乃きいが、4月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)3時間スペシャルに出演。一部視聴者は、失礼な言葉を投げかけたとして司会の明石家さんまを批判している。

最初のパートには菅田将暉や北乃、仲野太賀らが出演した。仲野は「太賀」名義で活動していたが2019年6月に現在の芸名に変更。「太賀」時代に共演したことがあるというさんまは改名の経緯を聞いた後、仲野に「まだ若いもんね、太賀君ね?」と年齢を聞き、「28です」との答えにうなずいた。

28歳の菅田将暉にも年齢を聞いたが、さんまは特に反応せず。そしてモデル・小山ティナが19歳と知り驚いた後、北乃を紹介した。

■ 年齢を聞いて驚き「独身? 結婚願望ある?」

さんまは「きいちゃんも久々で…」と話を振り、「おいくつになったんですか」と質問。30歳と知ると驚いた様子を見せ、すかさず「あっ、独身ですよね、まだ」と聞いた。独身との回答を受けて「独身。結婚願望はある?」と続けて質問。戸惑った様子の北乃が「今がすごい楽しいですね」と返すと、さんまは「一人が楽だよなあ、なあ梅沢(富美男)さん」と話を変えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.