くらし情報『河北麻友子“視力改善”治療完了でオノロケ全開!「主人の顔もくっきり」』

2021年4月18日 19:01

河北麻友子“視力改善”治療完了でオノロケ全開!「主人の顔もくっきり」

河北麻友子

(C)まいじつ

4月14日、都内で「スターサージカルICL治療アンバサダー就任&新Web CM発表会」が開催。同治療のアンバサダーを務めるタレント・河北麻友子が登壇し、治療のメリットについて語った。

ICL治療とは、10分から20分ほどの短時間で、角膜を削らず眼内にコンタクトレンズを入れる視力矯正のこと。現在は、眼科専門医でICL認定医が同治療を行っている(通院のみ)。

ICL治療を受けて、河北は「今、コンタクトをしていなくても、顔が見えるのがうれしいです。以前は、メガネとコンタクトが必要で、視力も0.06ないくらいでしたが、1月に治療をして世界が変わりました。本当に良かったと思います。(手術前は)怖くてドキドキしましたが、片目5分ずつで終わりました」と振り返った。

「ご主人の顔が見られてうれしい?」と尋ねられると、「言われるかなと思っていました。うれしいです。でもどうなんでしょう。ちょっとぼやけているくらいがいいのかな(笑)」と照れながらコメント。また治療前の不安については、「手術自体が初めてだったので不安でした。私やマネジャーも人に聞いたりネットで調べたりして、お互いのインフォメーションを共有し、私に決断をゆだねてもらいました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.