くらし情報『『水ダウ』芸人を雪原に“放置”して批判「人間として扱ってない」「パワハラ」』

2021年4月22日 11:04

『水ダウ』芸人を雪原に“放置”して批判「人間として扱ってない」「パワハラ」

松本人志

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月21日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画で、芸人に対する仕打ちが危険だと番組を批判する声が続出している。

この日は「たとえ閉じ込められていても『今日のラッキーアイテム』さえ手に入ればそのラッキーで脱出できる説」の完結編を放送。お笑いコンビ『パタパタママ』の2人を、雪が降りしきる長野県内の一軒家に閉じ込めた。

2人には、テレビの占い番組に出てきたラッキーアイテムを支給。アイテムを駆使しながら家を脱出し、長野から東京まで戻ってくることができるか検証した。

2人は移動車の鍵を得たものの、車は雪で家の前までこられず、300メートル離れた場所に停車していた。2人は約1週間かけて家の中から鍵を開けることに成功したが、外が雪原と知ると絶句。「どうしたらいいんですか僕たちは!」と叫び、木下貴信は一人掛けソファを殴りつけるなど、発狂して泣き出した。

■ 靴下にスリッパで雪道を2時間歩かせる

2人はその後、靴下とスリッパを入手。下畑博史がスニーカーを履いて先を行き、木下が靴下にスリッパで後を負った。足首まで雪に埋まった木下は「足が痛い。もう歩けない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.