くらし情報『「ベッキーかと思った!」高梨沙羅のさらなる“垢抜け”に驚きの声』

2021年4月25日 07:31

「ベッキーかと思った!」高梨沙羅のさらなる“垢抜け”に驚きの声

高梨沙羅

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月20日、女子スキージャンプの高梨沙羅選手が、所属している『クラレ』本社で報告会を行った。その姿がネット上で、「ベッキーみたい!」と話題になっている。

高梨は今期のノルディックスキー・ジャンプW杯にて、個人2位として表彰台に上がっている。その際、男女を通じて歴代最多の〝表彰台回数109回〟を記録。今回行われた報告会では、表彰台登壇回数がギネス世界記録として認定されたことを話したようだ。

高梨はギネス世界記録の盾を披露し、「ひとつひとつの大会をこなしてきて、気が付いたら109回になっていました。これからも、人に喜んでもらえるジャンプでもっともっと記録を伸ばしていきたい」とコメントしていた。

ギネス認定で話題になったことで、高梨に対する祝福のコメントが殺到。実際にネット上では、

《夢に向かって頑張っている姿はすごく素敵です!》
《24歳にして、W杯の最多勝利と最多表彰登壇回数の記録持ってるって恐ろしい…》
《同い年の女性として、もっと自分も頑張らなくちゃ!と思えました。おめでとう!!》

といった声が続出していた。

■ 高梨沙羅の“垢抜け”に賞賛の声続出

しかし祝福コメントを上回っていたのが、高梨の〝垢抜け具合〟に関するコメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.