くらし情報『『トリニク』柏木由紀の“結婚式バッドマナー”にドン引き「アカンやろ」』

2021年4月28日 11:03

『トリニク』柏木由紀の“結婚式バッドマナー”にドン引き「アカンやろ」

柏木由紀

(C)まいじつ

『AKB48』の柏木由紀が4月27日放送の『芸能界常識チェック! トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系)に出演。番組内で見せた「バッドマナー」が視聴者を沸かせている。

番組では、結婚披露宴で乾杯する前のあいさつをマナー通りこなせるか、確かめることに。柏木のほか、梅沢富美男、横川尚隆、『タカアンドトシ』らが実演し、専門家が評価した。

柏木は席から立ち上がり、周囲に礼をしたまではよかったが、マイクの前で礼をせず。あいさつでも新郎新婦を祝福する言葉がなく自身の身の上話が続き、評価を下げてしまった。

■ 結婚式のあいさつで「霊に取りつかれて…」

「AKB時代に本当にお世話になって…」と新婦を『AKB48』のかつての同僚と設定してあいさつを続けた柏木だったが、「AKBのメンバーが忙しくて倒れたり、体調が悪いっていうときに、(新婦が)霊に取りつかれてるんじゃないか、って言ったんですよ」と、過去のエピソードを披露した。

『EXIT』の兼近大樹は「霊」という言葉に苦笑い。MCの『ダウンタウン』浜田雅功も違和感を覚えていたようで「霊の話…」と絶句しながら下を向く。また、柏木はあいさつの時間の目安とされる1分30秒を大幅に上回った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.