くらし情報『バナナマン不在で物議!『2億4千万のものまね』に「物足りない」「残念すぎ」』

2021年5月10日 17:32

バナナマン不在で物議!『2億4千万のものまね』に「物足りない」「残念すぎ」

バナナマン

(C)まいじつ

5月9日放送のお笑い特番『お笑いオムニバスGP』で、かつて『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ系)で大好評を博した伝説のコーナー「2億4千万のものまねメドレー選手権」が復活。しかし名物キャラの不参加が物議を醸してしまったようだ。

今回、4年ぶりとなった「2億4千万のものまねメドレー選手権」。審査委員長として『とんねるず』石橋貴明が出演し、豪華なセットを組むなど、かつてと同じような雰囲気が漂う。しかしMCが『おぎやはぎ』で、口上が小木博明、ネタフリのコールがフジテレビの伊藤利尋アナウンサーであったことが、番組ファンの物議を醸した。

というのも、この企画といえば『バナナマン』設楽統がMCを務めながら、口上とネタフリコールを担当。さらに、日村勇紀がトップバッターとして出場し、散々ディスられながらも優勝するというのがお決まりの流れだったのだ。

■ バナナマンVS乃木坂46が実現?

『バナナマン』がいなければ「2億4千万のものまねメドレー選手権ではない」との声も多く、放送中にはツイッター上で「バナナマン」「設楽さん」「日村さん」など、出演していない2人の名前がトレンド入りするほどの事態となってしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.