くらし情報『『有吉ゼミ』人気声優の“激辛メニュー”挑戦に心配の声「仕事選んで…」』

2021年5月11日 11:06

『有吉ゼミ』人気声優の“激辛メニュー”挑戦に心配の声「仕事選んで…」

有吉弘行

(C)まいじつ

5月10日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、声優が激辛メニューの完食を目指したが、視聴者から「のどは大丈夫なのか」と心配する声が続出している。

この日は、リーダーのワタリ119に加え、酒井美紀、中山秀征、声優の小野賢章が登場。『黒子のバスケ』などで主人公の声優を務めた小野は「声優界からは誰も来ていない。新しい風を吹かせる」と意気込んだ。

一同が挑戦したのは激辛の「石鍋ユッケジャンうどん」。カプサイシンのパウダー、ハバネロパウダー、過去に激辛のギネスに認定されたというブート・ジョロキアに唐辛子のペーストなどが混ざっているという。

■ 小野賢章は「のどが開くのはいい」とフォローも…

ワタリはうどんを飲み込むなり「辛さがのどで『パーン!』」と表現。小野は「声優的には、のどを開くのはいい」としたが、ワタリは「そのまま広がって裂けちゃいます」と注意するよう促した。

小野はうどんを口にし「ぐふっ」と一瞬せき込んだ。「すごいいい声が出ます!」としたものの、一口だけで汗だくに。辛みが染み込んだうどんに悶絶し続けたが、最後は土鍋を両手でつかんでスープを丸飲み。見事に完食した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.