くらし情報『自民・二階幹事長に大ブーイング再び! 発言の度にヘイトを集める老害』

2021年5月22日 19:01

自民・二階幹事長に大ブーイング再び! 発言の度にヘイトを集める老害

自民・二階幹事長に大ブーイング再び! 発言の度にヘイトを集める老害

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

高圧的な態度や、一貫性のない言動で世間を賑わせている自民党の二階俊博幹事長。5月17日に行われた記者会見で、内閣支持率の急落に言及したが、その高慢な物言いに、再び国民からバッシングが噴出している。

『朝日新聞』は5月15~16日に、電話で菅義偉内閣について世論調査を実施。その結果、内閣支持率が33%と判明した。4月に行われた世論調査では40%の支持率だったこともあり、与党に対する世間の目は厳しくなっているようだ。

二階幹事長は記者会見で、内閣支持率の急落に対して、「持って行き場のない怒りだ。政府や与党にそういうご意見が集まってくることはやむを得ない」とコメント。さらに、政府の新型コロナウイルス対策を評価しないという回答が69.5%だったことを踏まえ、「謙虚に受け止め、しっかりとした対応を尽くしていきたい。政府、自民党が一体となって頑張る」などと述べていた。

■ 発言する度にヘイトを集める二階幹事長

新型コロナウイルスを巡る対応や東京五輪開催の可否などで、散々振り回され続けてきた国民からは、

《政治ごっこしてるバカへの怒りだボケ》
《持って行き場のない?いやいや政府の迷走ぶりに対する怒りだから》
《どんなときも、自分たちの責任であるとは決して考えず、国民の誤解もしくは考え違いだと見なして非難。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.