くらし情報『朝ドラ『おかえりモネ』低視聴率の原因は?「全然心に残らない」と冷めた声』

2021年6月5日 07:30

朝ドラ『おかえりモネ』低視聴率の原因は?「全然心に残らない」と冷めた声

朝ドラ『おかえりモネ』低視聴率の原因は?「全然心に残らない」と冷めた声

(C)Sofia Zhuravetc / Shutterstock

俳優の清原果耶が主演するNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第12話が6月1日に放送。世帯平均視聴率が17.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。

同作は清原演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、山で豪雨に見舞われたことをキッカケに気象予報士を目指す物語。やがて故郷の島へ戻った百音が、予報士としての能力を活かして地域に貢献していく姿を描いている。

第1話では19.2%と幸先のいいスタートを切ったが、第3週に入り、物語がかなり進んできたにもかかわらず、いまだ20%超えは一度もなし。今回の視聴率は前回から0.1ポイント微減だった。

視聴者からは、

《ドラマが一向に盛り上がらないんだよね。いい俳優さんいっぱい出てるのに、なんだかもったいない》
《観ていて全然心に残らない。視聴者をつなぎとめようという意思がここまで感じられないドラマも珍しいな》
《モネの内面がほとんど見えてこないので、感情移入がしにくい。よく知らない人がよく知らない人とよく知らない話題で盛り上がっているのを、ずっと横で見せられている疎外感…》
《ツイッター見てると、半分以上が某ジャニタレに対する「かっこいい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.