くらし情報『ケンコバが“キンコン梶原”と一触即発の過去告白「梶原がしょうもない」』

2021年6月10日 17:31

ケンコバが“キンコン梶原”と一触即発の過去告白「梶原がしょうもない」

ケンコバが“キンコン梶原”と一触即発の過去告白「梶原がしょうもない」

(C)まいじつ

6月5日、カジサックこと『キングコング』梶原雄太のYouTubeチャンネルに、お笑い芸人のケンドーコバヤシが登場。イキった梶原の態度が大炎上した。

2人は思い出話に花を咲かせる中で、15年ほど前という吉本の劇場でのことを回顧。ケンコバが打ち合わせの待ち時間にタバコを吸っていたところ、楽屋で寝ていた梶原が突然起き上がり、シャドーボクシングのようなことを始めたという。

梶原が「コバさんって何やってたんですか?」と聞くと、ケンコバは「空手と柔道で黒帯持ってる」と武闘派をアピール。これに対し、梶原は「絶対ケンカしたら俺の方が強いわ」と発言し、さらに「多分、俺ボクシングやってたんで、スピードついてこれないでしょ?」と続けたという。

そして、梶原が「いつでもやったっていいですけど?」と発言した瞬間、ケンコバは「言われた瞬間キレてもうて」とブチギレたそう。「だからパイプ椅子つかんで…」と襲いかかろうとしたその時、「行こうとしたところに(女性スタッフの)トモちゃんが『カジ、あんたいい加減にしいや! 向こう行っとき!』って」と、仲介でなんとか場が収まったと明かした。しかし、怒りに震えたケンコバは打ち合わせどころではなく、即帰宅したという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.