くらし情報『『有吉の壁』“もう中”のアフレコに戦慄「狂気」「サイコパス感」』

2021年6月10日 11:05

『有吉の壁』“もう中”のアフレコに戦慄「狂気」「サイコパス感」

『有吉の壁』“もう中”のアフレコに戦慄「狂気」「サイコパス感」

(C)l i g h t p o e t / Shutterstock

ピン芸人のもう中学生が6月9日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)に出演。有名アニメのアフレコ芸を披露すると、視聴者から「めっちゃ怖い」との声が漏れた。

この日の番組後半では大喜利を展開。アニメ『それいけ!アンパンマン』(同系)の1シーンを見せ、芸人たちは後から声を被せた。

お題となったのは、ジャムおじさんとカレーパンマンが森に迷い込んだものの大量の果物を見つけ、「これを使ってパンを作れば、みんな喜んでくれるぞ!」とジャムおじさんが喜ぶシーン。カレーパンマンは「パン作りとか言ってる場合じゃない」と呆れたが、ジャムおじさんはパンを作ればみんなが喜んでくれると口にした。

■ ジャムおじさんがカレーパンマンを食べちゃう?

出番が回ってきた「もう中」はこれを即興でアフレコ。ジャムおじさんに「果物がいっぱいある。ラッキー! ここはとてもいい無人島だ」と声を当てる。カレーパンマンには、無人島に行き着いたのに喜んでいる場合ではないと声を被せた。

ジャムおじさんが振り返り、カレーパンマンを見やる場面で、もう中は「そんなことない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.