くらし情報『お茶の間凍る!『有吉の壁』“さかなクン”オマージュに「子どもが泣いた」』

2021年6月10日 11:06

お茶の間凍る!『有吉の壁』“さかなクン”オマージュに「子どもが泣いた」

お茶の間凍る!『有吉の壁』“さかなクン”オマージュに「子どもが泣いた」

(C)まいじつ

6月9日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)で、芸人が見せたネタに有吉弘行が一瞬顔を引きつらせる場面があった。視聴者も「怖い」と芸人の姿に戦慄している。

芸人たちは、横浜の八景島シーパラダイスを舞台にネタを披露した。『きつね』の淡路幸誠は『まんが日本昔ばなし』(TBS系)の主題歌『人間っていいな』を歌いながら、白衣に緑の衣装とかぶり物を着けて垂直に飛び跳ねながら登場。有吉は淡路の姿を見るなり「こわっ」とその場からよけた。

淡路は「魚類の中で一番人間に詳しい人間クンです! ニンニンニンニン!」とネタの概要を説明。どうやら、さかなクンの〝オマージュ〟ネタのようだ。「人間の話するからみんな聞いてね! 今日は飼育員さんの話だニン!」と相方の大津広次が扮する飼育員を解説し始めた。

■ さかなクンのオマージュに爆笑とドン引き

「あの長い手足を使って、上手に僕らにえさをあげるんだ」としながらも、「僕たちはえさをもらう存在じゃなくて、自分からかっていかなきゃいけないんだ!」「だからあいつから絶対えさをもらっちゃダメだよ!」としつつ、「いただきまーす!」と床に寝そべる。「ニンニン!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.