くらし情報『『恋はDeepに』最終回! 脚本はチープだけどキスはディープ「気持ち悪い」』

2021年6月11日 10:30

『恋はDeepに』最終回! 脚本はチープだけどキスはディープ「気持ち悪い」

『恋はDeepに』最終回! 脚本はチープだけどキスはディープ「気持ち悪い」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

石原さとみと綾野剛のW主演ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の第9話・最終回が、6月9日に放送された。チープと揶揄され続けた同作が、最後の最後にDeepなシーンを仕込んでツッコミを受けている。

同作は、海洋学者・渚海音(石原)とツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)のラブコメディー。海岸に巨大マリンリゾートを建設しようとする倫太郎だが、海音は魚たちの暮らしを守るため、リゾート開発チームに専門家として参加することになる。

「〝大人の恋愛ドラマ〟と銘打った『恋はDeepに』でしたが、海音と倫太郎の精神年齢は中学生レベル。40歳手前の大人たちが、キスしただけでワーワー絶叫して悶えるなど、見ていて恥ずかしい展開が続いていました。また、エレベーターが止まって2人きりで閉じ込められる、歩けなくなった海音を倫太郎がおんぶする、道路に飛び出してトラックにひかれそうになった海音を倫太郎が助けるなど、今どきのドラマではお目にかかれない古臭いシーンのオンパレード。あまりに稚拙な脚本のため、『恋はチープに』なんて呼ばれるまでになっていました」(芸能記者)

■ 誰も得しないDeepなキスシーン

しかし最終回ではディープな瞬間も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.