くらし情報『評価逆転!『恋はDeepに』と『レンアイ漫画家』の明暗分けた要因は…』

2021年6月14日 17:31

評価逆転!『恋はDeepに』と『レンアイ漫画家』の明暗分けた要因は…

評価逆転!『恋はDeepに』と『レンアイ漫画家』の明暗分けた要因は…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

最初から最後まで酷評続きだった石原さとみ&綾野剛のW主演ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)。その一方で、鈴木亮平主演の『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)は尻上がりに評価急上昇。一体、明暗を分けたのはなんだったのだろうか。

日テレが一番力を入れているドラマ枠〝水曜22時〟を任された『恋はDeepに』。ノリにのっている石原と、ラブコメ出演は珍しい実力派の綾野というタッグが期待を集め、前評判は高かった。脚本も『おっさんずラブ』『私の家政夫ナギサさん』などヒットを飛ばしている徳尾浩司氏のオリジナルという盤石の布陣だ。

そして昨今のトレンドに従い、〝おんぶシーン〟〝不意打ちキスシーン〟〝ツンデレ要素〟〝初心な男〟といった要素を取り入れたが、ことごとく空振りに終わってしまった。

「『恋はDeepに』の胸キュンシーンがハズしまくった一番の根本的な要因は、主演の2人に視聴者が感情移入できていないからです。石原と綾野は、特に理由もなく惹かれ合い、すぐに恋仲となりました。2人が惹かれ合う理由がまったくわからない視聴者は、綾野が石原に固執したり、別れを嘆くシーンを見てもポカンとするだけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.