くらし情報『高田延彦の“矛盾”に批判! 五輪反対発言も『RIZIN』開催にノリノリ…』

2021年6月15日 17:30

高田延彦の“矛盾”に批判! 五輪反対発言も『RIZIN』開催にノリノリ…

高田延彦の“矛盾”に批判! 五輪反対発言も『RIZIN』開催にノリノリ…

(C)Cornelius Krishna Tedjo / Shutterstock

元プロレスラーの高田延彦が6月13日に開催された総合格闘技『RIZIN.28』に登場。オープニングの入場式で「出て来いやー!」と選手を呼び込み、ネット上で物議を醸している。

高田は2015年に『RIZIN FIGHTING FEDERATION』の統括本部長に就任。2018年の『RIZIN.14』をもって統括本部長の任を離れていたが、20年から新たにキャプテンに就任。おなじみとなっているオープニングの選手呼び込み「つわものたちよ、出て来いやー!」を披露し、会場を沸かせた。

高田は解説席でも「たぎります!」と大コーフン。ファンの声援に手を振って応えるなど上機嫌だった。

■ 政治や五輪は批判するのに“自分事”には寛容?

しかし、会場には人がかなり密集していたにもかかわらず、マスクを着用していなかったことから、ネット上では

《聖火リレー辞退しておきながら、自分が絡むイベントはマスクなしで絶叫とか。いろいろ矛盾してるな》
《普段から政権批判しまくって五輪も反対。なのに格闘技はいいのか?》
《高田キャプテンもういらないと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.