くらし情報『清原和博“ベスト・ファーザー賞”に大ブーイング「一番もらっちゃダメな人」』

2021年6月15日 17:31

清原和博“ベスト・ファーザー賞”に大ブーイング「一番もらっちゃダメな人」

清原和博“ベスト・ファーザー賞”に大ブーイング「一番もらっちゃダメな人」

(C)まいじつ

元プロ野球選手の清原和博が6月14日、『第14回ベスト・ファーザー賞in関西』のスポーツ部門特別賞を受賞。しかしこれに対し、ネット上では疑問の声が相次いでいる。

同賞は関西にゆかりがあり、明るく楽しい家庭づくりやユニークな子育てをしているお父さんに贈られるもので、今年は学術部門や政治部門など6部門から1人ずつ計6人が受賞。

清原の受賞理由は「挫折の中でも2人の息子に向き合い再起を果たそうと前向きに生きている」ことだという。スポーツ部門では、過去にセレッソ大阪代表取締役社長・森島寛晃や元サッカー日本代表の永島昭浩などが受賞している。

清原は受賞に先立ち、大阪・岸和田に立ち寄り実父に受賞を報告。「父からは『何でや? おまえが何でもらうねん』とそれだけ言われました。でも本当にうれしいです。これからも頑張りたいと思います」とコメントした。

■ ベストファーザー賞の“選考基準”に疑問の声

また、清原は15日に自身のツイッターを更新。《今日、父と母のお墓参りに行ってきた。その夜、大阪にて関西ベストファーザー賞を頂いた。選考理由は挫折した自分に激励を込めてとの事、一番悪い父親が…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.