くらし情報『LiSA“脱アニソン”計画始動!? 実写作品の主題歌でアニメファンを足切りか』

2021年6月19日 07:30

LiSA“脱アニソン”計画始動!? 実写作品の主題歌でアニメファンを足切りか

LiSA“脱アニソン”計画始動!? 実写作品の主題歌でアニメファンを足切りか

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

〝アニソン界の女王〟などとも呼ばれていた歌手のLiSAが、実写映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』の主題歌を務めることに。しかし、彼女のファンからは、「アニソンを捨てた」などとも言われてしまっている。

同作は6月25日に公開が予定されている、山崎賢人主演の映画。原作はロバート・A・ハインラインの名作SF小説『夏への扉』で、いわゆる〝タイムトラベルもの〟のストーリーとなっている。そんな同作の主題歌は、LiSAが映画のために書き下ろした新曲『サプライズ』。映画に起用されたことについて、LiSAは「時を越えて、世界中で愛されてきた小説が映画化されるという機会に、主題歌を担当させていただけることを嬉しく思います」と喜びを語っていた。

また『夏への扉 -キミのいる未来へ-』に限った話ではなく、最近になってLiSAはアニメーション作品以外の主題歌を担当することが多くなったという。7月より放送がスタートする火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)も、主題歌をLiSAが担当することが決定。こちらは橘オレコによる同名コミックが原作ではあるものの、当然ドラマの方は実写となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.