くらし情報『『水ダウ』夫婦芸人の“離婚ドッキリ”に批判「企画発案者はサイコパス」』

2021年6月17日 11:04

『水ダウ』夫婦芸人の“離婚ドッキリ”に批判「企画発案者はサイコパス」

『水ダウ』夫婦芸人の“離婚ドッキリ”に批判「企画発案者はサイコパス」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月16日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、夫婦お笑いコンビの夫に妻がドッキリを仕掛けた。夫が泣きながら妻に謝る姿を見て、視聴者は企画の考案者を批判している。

お笑いコンビを組む夫婦にドッキリを敢行。妻が夫にコンビ解散と、夫婦の離婚のどちらかを選ぶよう迫ると夫はどちらを選ぶのか確かめた。ドッキリ企画に応じたのは『かりすま~ず』『ウェンズデイズ』『チャイム』の3組。

3人の妻は夫に「話がある」と切り出した。仕事が増えず、家庭との両立も難しいとして、離婚しビジネスパートナーとして割り切ってコンビを続けるか、解散して夫婦として生活するかを選ばせることに。

■ お笑いコンビの夫が“号泣”しながら「ごめんなさい…」

夫たちは「究極過ぎる」などとけげんな表情を浮かべたが、離婚届を出されると大慌て。「かりすま~ず」の幹てつやは「うまくいかんまま、ここまできてしまって…ごめんなさい」と顔を突っ伏し、体を震わせながら号泣。結局、夫3人はいずれも泣きながらコンビ解散を選び、夫婦生活の継続を選択した。

「ウェンズデイズ」の三橋雄斗が隠しカメラがあると気付かず、普段通りに全裸姿でドッキリに引っかかった以外、この企画で笑いは生まれず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.