くらし情報『『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否』

2021年6月19日 07:32

『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否

『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否

(C)まいじつ

6月16日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に、お笑いトリオ『3時のヒロイン』の福田麻貴が出演。下積み時代のアルバイトについて告白し、ネット上では賛否の声があがっている。

この日番組では、〝老後格差〟について特集。その中で、『Uber EATS(ウーバーイーツ)』が働き口を失った年配者の受け皿となっていると紹介した。また、実際に福田が収入源を失った60歳の男性に密着し、シニアウーバーイーツの配達員として働く様子を取材した。

そんな中、福田自身も2年ほど前まで配達のバイトをしていたと告白。バイト中の心境について、「孤独っちゃぁ孤独ですね…」とコメント。福田はある時「雨の日に曲がり角でこけちゃって、なんでこんな雨の日に私、こんな大変な仕事してるんだろうって」と思ったことを明かし、「サンドウィッチがころころ転がって、(客に)謝って…」と下積み時代の辛い経験として話していた。

一見普通のバイトエピソードのように聞こえるが、視聴者は、福田の放った「こんな大変な仕事」というフレーズが引っかかった様子。実際にネット上では、

《悲劇のヒロインごっこか。なんかいい女気取りが気にくわないわ》
《配達も大変だと思うのに「こんな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.