くらし情報『『着飾る恋』川口春奈“SNS依存”にドン引き「最後まで…」「何が言いたい?」』

2021年6月25日 10:31

『着飾る恋』川口春奈“SNS依存”にドン引き「最後まで…」「何が言いたい?」

『着飾る恋』川口春奈“SNS依存”にドン引き「最後まで…」「何が言いたい?」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月22日に、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。主人公が何にも成長を見せなかったラストに、ネット上では落胆の声が広がっている。

同作の主人公は、インテリアメーカーの広報として働く〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)。SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向井理)に想いを寄せていたが、葉山が突然、社長職を退任して失踪。そして、真柴はひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。超マイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)と暮らすことになった。

前回の第9話では、真柴がインスタに投稿したバッグのデザイナーに、盗作の疑いがある事件が発生。すると盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめ、インフルエンサーとしての活動が脅かされることに。真柴はインスタが怖くなり、しばらくスマホを見なくなった。

■ 『着飾る恋』はただのインスタ礼賛ドラマ?

しかし第10話、アカウントを消そうとした真柴に、駿は「本当は好きなのに手を離すな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.