くらし情報『黒歴史はどうなる!? ドリカムの“軌跡”ドラマ化に「おクスリ事件は…」』

2021年6月27日 11:03

黒歴史はどうなる!? ドリカムの“軌跡”ドラマ化に「おクスリ事件は…」

黒歴史はどうなる!? ドリカムの“軌跡”ドラマ化に「おクスリ事件は…」

(C)Master1305 / Shutterstock

毎年夏に放送される音楽特番『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)が、今年も7月3日に8時間生放送されることが発表された。番組内では人気アーティスト『DREAMS COME TRUE』の歴史を辿るスペシャルドラマも放送されるのだが、これに〝ある疑問〟がささやかれている。

発表によると、同ドラマは「ドリカム」がデビューするまでの道のりなど、30年以上の歴史を描いていくノンフィクションドラマ。主人公を中村正人に据え、吉田美和とともに乗り越えてきた困難などが、主に彼の視点から描かれる。中村役を務めるのは風間俊介で、吉田役については追って発表されるという。

「『ドリカム』といえば旧国立競技場コンサート常連の1組で、2019年に行われた新国立競技場のこけら落としイベントにも参加。同スタジアムがメイン会場となるオリンピック直前にドラマでクローズアップされるのも、ある種納得の構成と言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

しかし、ネット上では、このドラマに対して〝ある疑問〟が浮上している。グループから脱退したキーボード担当・西川隆宏の扱いだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.