くらし情報『『CDTV』エレカシ宮本の大暴れに驚き「息切れしとる」「放送事故おじさん」』

2021年6月29日 11:03

『CDTV』エレカシ宮本の大暴れに驚き「息切れしとる」「放送事故おじさん」

『CDTV』エレカシ宮本の大暴れに驚き「息切れしとる」「放送事故おじさん」

(C)Cookie Studio / Shutterstock

『エレファントカシマシ』のボーカルで、ソロ活動を展開する宮本浩次が6月28日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に出演。スタジオ内で大暴れして視聴者を沸かせた。

宮本は番組終盤に『sha・la・la・la』を披露。冒頭、ややボサボサの髪型で現れた宮本は、がに股で力をこめて歌うなどこの日も元気いっぱい。サビに入ると1人でくるくる回りながらステージを飛び降りて出演者の待機スペースを通り、ソーシャルディスタンスを保ちながら移動。『関ジャニ∞』らが居合わせる反対側の別ステージに移動して1番を歌い終えた。

2番に入ると感情を抑えきれなくなったのか、スーツのジャケットを脱ぎ捨て、袖を手に抱えながら寝転んでみせた。その後もネクタイを緩め、「立ち止まって夜空見上げたのさ」の歌詞に合わせ、ステージで寝転び、天を見上げる仕草を見せた。

■ ステージに寝転んで熱唱「通常運転」との声も

サビで立ち上がると再び駆け出し、元のステージに戻り再び寝転んだ宮本は、もう一度立ち上がるときにややフラつくそぶりを見せながらも熱唱。

やや息を切らせながらも歌いきった後、投げキッスを決めてからカメラを凝視し、視聴者にメッセージを送る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.