くらし情報『『ミヤネ屋』の呪い? 藤井聡太の勝負メシ企画が最悪の結果「誰も幸せにならない」』

2021年7月2日 11:01

『ミヤネ屋』の呪い? 藤井聡太の勝負メシ企画が最悪の結果「誰も幸せにならない」

『ミヤネ屋』の呪い? 藤井聡太の勝負メシ企画が最悪の結果「誰も幸せにならない」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月30日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)は、同日に行われた将棋の藤井聡太王位と豊島将之竜王の対局を特集。番組内で藤井王位の師匠・杉本昌隆八段が〝勝負メシ〟を予想するコーナーが設けられたが、最悪の結末を迎えてしまい、物議を醸している。

今回番組では、『お~いお茶杯 第62期王位戦七番勝負』の第1局の様子を紹介。そしてタイトル戦の度に行われる勝負メシを当てるコーナーが始まり、杉本八段は〝あいち牛ビーフカレーライス〟と推測する。対局は29日と30日の2日間にわたって行われたが、藤井王位は2日目の昼食にカレーを食べたようで、杉本八段の予想は見事に的中。

するとその直後、藤井王位が負けたという速報が。杉本八段は「私が悪かったです」と血の気の引いた表情で謝罪を入れ、司会の宮根誠司も思わず「えらいジンクスになってもうた…」と声を失っていた。

「結果を受けて謝罪した杉本八段ですが、これには〝あるジンクス〟が関わっています。かねてより杉本八段が勝負メシを的中させると、藤井王位が負けるというジンクスがあり、昨年9月22日放送でも的中させ、藤井王位は負けてしまいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.