くらし情報『『モニタリング』子どもが“ダマされた”?「身銭切ったのに…」』

2021年7月2日 11:06

『モニタリング』子どもが“ダマされた”?「身銭切ったのに…」

『モニタリング』子どもが“ダマされた”?「身銭切ったのに…」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

7月1日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、一般人を対象にした検証企画が組まれた。少年が身銭を切って企画に貢献したものの悲惨な結末を迎え、視聴者は大いに残念がっている。

恒例企画「わらしべ長者モニタリング」を放送。宇都宮市内の商店街に透明ボックスを設置し、1000円の花束を物々交換するよう一般人に依頼。3日間でボックス内のモノがどのようなものに入れ替わるのか確かめた。

花束は訪れた一般人によってキーホルダー 、コインケース、エコバッグに次々と交換。ここでネクタイ姿の学生と思われる少年が、新品とみられるワイヤレスイヤホンを持ち込みエコバッグと交換した。

■ 4000円のイヤホンを自腹購入したのに…

番組スタッフが少年を直撃したところ、ワイヤレスイヤホンは4000円超のものという。「最近、面白いことがないんで。もっと上(高価)なもの、やってみたら面白いかなって」と、わざわざ高価なものを置いた動機を口に。「今、ドンキで買ってきて…」とすると、スタッフは「わざわざ買ってきてまで、いいものと交換したかった?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.