くらし情報『葛飾区都議選がカオス! ピエロメークにナスの着ぐるみ、当選したらすぐ辞める…』

2021年7月2日 17:34

葛飾区都議選がカオス! ピエロメークにナスの着ぐるみ、当選したらすぐ辞める…

葛飾区都議選がカオス! ピエロメークにナスの着ぐるみ、当選したらすぐ辞める…

(C)Vikafoto33 / Shutterstock

7月4日に投開票を控えた葛飾区の東京都議会議員選挙。定員数4人に対して13人が立候補しているのだが、ネット上では立候補者に対してツッコミが殺到している。

13人が立候補したことで、定員数3人以上の選挙区では、最も倍率が高い激戦区となった葛飾区。その候補者たちはいずれも個性的で、一般的な選挙区とは一線を画している。まず毎年話題になる後藤輝樹氏から触れていこう。

後藤氏はこれまで多くの選挙区に出馬し、いずれも落選。今回は新たにベーシックインカムの支給を公約に掲げた『SDGs党』を設立し、気持ちを新たに選挙に挑んだ。2020年に東京都知事選挙に立候補した際は、ポスターにアニメ『コードギアス』の主人公であるルルーシュ・ランペルージをモチーフにした衣装とキャッチコピーを使用。当時、「変わり者がいる…」と全国の有権者から注目を集めていた。

今回、後藤氏は歴代に比べてパンチ力は落ちているものの、ナスの着ぐるみを着用して選挙に参加。先日一般女性と結婚したためか、ポスターは結婚式をモチーフにしたものだ。結婚式とナスの関係性が全くわからないところが、後藤氏らしいと言えるだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.