くらし情報『『TOKYO MER』中条あやみ“棒演技”に酷評「浮いてる」「相変わらず…」』

2021年7月6日 10:30

『TOKYO MER』中条あやみ“棒演技”に酷評「浮いてる」「相変わらず…」

『TOKYO MER』中条あやみ“棒演技”に酷評「浮いてる」「相変わらず…」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月4日に日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第1話が放送。ヒロインの研修医・弦巻比奈役を演じている俳優・中条あやみの演技が酷すぎると、ネット上で話題になっている。

同ドラマは、最新医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く物語。中条が演じる弦巻は、プライドが高く、自分は何でも出来ると信じている研修医で、主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)のやり方に反発しながらも、一人前に成長していく姿が描かれる。

この投稿をInstagramで見る

【公式】TOKYO MER 走る緊急救命室-TBS日曜劇場-(@tokyo_mer_tbs)がシェアした投稿

■ 中条あやみの“棒演技”は今に始まったことではない?

「中条は2019年4月から放送されたドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)で、元ヤンキーのナース役を務めましたが、緊急でもないのに廊下を走ったり、自身の恋愛で大げさに舞い上がるなど、〝棒演技〟全開で、視聴者をシラケさせました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.