くらし情報『DAIGOが“政界”進出!? 後継者案に「知名度だけは抜群」「実績も経験も無い」』

2021年7月11日 17:34

DAIGOが“政界”進出!? 後継者案に「知名度だけは抜群」「実績も経験も無い」

DAIGO

DAIGO(C)まいじつ

タレントでミュージシャンのDAIGOが、いよいよ政界に進出するのではないかとウワサされている。

自民党島根県連は7月8日、竹下亘元総務会長が次期衆院選に出馬せず、政界を引退すると発表。竹下氏は2019年に食道ガンを患っており、74歳という年齢や体調を考慮して、今季限りで身を引くという。

そんな中、浮上したのが日本語フレーズをアルファベットで略して表現する〝DAI語〟で一世を風靡したミュージシャンのDAIGOだ。DAIGOの母方の祖母は元衆議院議員で、彼が第74代内閣総理大臣・竹下登の孫であることは有名な話。政界を引退する竹下亘氏は竹下登元首相の実弟で、もしDAIGOが島根2区の地盤を継げば、地元の有権者も手放しで喜ぶハズだ。

「今のところ、DAIGO自身は政界転身を口にしていませんが、自民党からの強い要望があれば、前向きな姿勢を見せる可能性もなくはないでしょう。地元島根で〝竹下ブランド〟の力は圧倒的で、タレントとして知名度の高いDAIGOが地盤を継ぐとなれば、ほぼ当選するでしょう。最近は全国的にも公募の流れが強まっていますが、コロナ禍での五輪開催に不満を持つ国民も多く、中途半端な候補者では野党に票を奪われる可能性も高いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.