くらし情報『中居正広“日本人差別”に「敏感すぎ」発言で炎上! 自身も人種差別した過去…』

2021年7月13日 10:32

中居正広“日本人差別”に「敏感すぎ」発言で炎上! 自身も人種差別した過去…

中居正広“日本人差別”に「敏感すぎ」発言で炎上! 自身も人種差別した過去…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、タレントの中居正広が出演。世間を騒がせている〝日本人差別問題〟に対してコメントしたところ、視聴者からは落胆の声が殺到している。

2019年、『バルセロナ』のプレシーズンツアーでサッカーフランス代表のウスマン・デンベレとアントワーヌ・グリーズマンが来日した際、2人は滞在中のホテルで日本人スタッフを呼び出し、ゲームのセッティングをさせた。ここでデンベレは、日本人スタッフの顔を撮影してアップにしながら「醜い顔だ」「どんな後進国の言葉なんだ」と侮辱発言を連発。これを聞いていたグリーズマンもニヤニヤと笑っていた。

この動画が拡散されると、『バルセロナ』のスポンサーを務めている『楽天』の三木谷浩史社長はツイッターで《クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます》とコメントを発表。また、『コナミデジタルエンタテインメント』は、同社のカードゲーム『遊戯王』のアンバサダーを務めていたグリーズマンの契約解除を発表した。

だが、今回の『ワイドナショー』では、デンベレの言葉は「差別的な意味ではないかもしれない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.