くらし情報『『サンモニ』張本勲が老害発言!? 大谷翔平の二刀流を批判し続ける理由』

2021年7月13日 11:00

『サンモニ』張本勲が老害発言!? 大谷翔平の二刀流を批判し続ける理由

『サンモニ』張本勲が老害発言!? 大谷翔平の二刀流を批判し続ける理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月11日の『サンデーモーニング』(TBS系)で、元プロ野球選手の張本勲が『ロサンゼルス・エンゼルス』大谷翔平の二刀流を批判。またもや野球ファンの視聴者から〝老害〟などと叩かれてしまっている。

番組では、大谷の33号ホームランを伝え、この記録に関してはご意見番の張本も「また打ってくれたか」と絶賛。また「ホームラン王を獲ってもらいたい」とまで言っており、バッターとしての大谷には期待を寄せているようだ。

しかし、その後は「打率やピッチャーの成績とかは並以下」「4勝でしょ? 10勝以上のピッチャーは何人もいる」などとコメントしており、相変わらず大谷の二刀流は認めていない模様。「ホームラン王を獲るような起用をしてもらいたい」と、打者専念を求めるような発言もしていた。

そんな張本にSNSなどでは、

《ピッチャーの成績を勝ち星だけで評価するのは昔の考え方》
《張本君は大谷投手の野球に対する信条を理解していないね。彼は、投手と打者の両方に自分がどこまで挑戦できるかが夢なんだ。打者に専念しでのタイトル獲得ではないんだよ、判っていないなぁ》
《大谷選手は二刀流としてプレーをするために米リーグに渡ったので、ホームラン王になることが最終目標ではないと思います》
《張本氏のこういう発言は本当にやめてもらいたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.