くらし情報『大谷翔平”ホームランダービー”がノーマスクの有観客! 東京五輪との差に苦言…』

2021年7月13日 17:32

大谷翔平”ホームランダービー”がノーマスクの有観客! 東京五輪との差に苦言…

大谷翔平”ホームランダービー”がノーマスクの有観客! 東京五輪との差に苦言…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

日本時間の7月13日、MLBでホームランダービーが行われ、『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手が日本人として初の出場を果たした。満員のスタジアムが熱狂する様子に、ネット上では東京五輪と比較する声が相次いでいる。

大谷選手が出場するにあたって、NHKがダービーの様子を生中継。第1シードの大谷選手は第1ラウンドの最後に登場し、『ワシントン・ナショナルズ』のファン・ソト選手と対決。大谷選手は挑戦中にかなり疲れた様子を見せながらも、笑顔を浮かべて楽しんでいるようであった。結果は、2度の延長の末にソト選手に敗れてしまったが、対決後には選手同士抱き合って清々しく終えていた。

日本のファンに向けてのコメントを求められた大谷選手は「延長、延長なので、なかなかないとは思いますが疲れました。何とか勝ちたかったですけど、楽しかったです」と口に。そして「勝てなかったけれど雰囲気だけでも楽しんでもらえたらうれしいです」と言葉を送った。

大谷選手も楽しんだというホームランダービーはスタジアムがほぼ満員で、ホームランが起こるたびに歓声がドっと沸くような最高のムード。選手同士もノーマスクで記念撮影をしあうなどお祭りムードで、まるで新型コロナウイルスがない世界のようだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.