くらし情報『『FNS歌謡祭』Snow Manが放送事故?「仏頂面」「真顔棒立ち」』

2021年7月15日 11:03

『FNS歌謡祭』Snow Manが放送事故?「仏頂面」「真顔棒立ち」

『FNS歌謡祭』Snow Manが放送事故?「仏頂面」「真顔棒立ち」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月14日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、『Snow Man』メンバーのある行動が話題に。視聴者からは「放送事故?」と疑う声も飛び出した。

「Snow Man」は『HELLO HELLO』を披露。最後の大サビに入る前に、カメラは左後ろから前方、右後方に移動しながら9人を映した。イヤホンモニターを着けた他メンバーは全員が歌いながらダンスを始めたが、左後方に陣取っていた深澤辰哉はカメラを「ガン見」したままで口を開かずにいた。

そのままカメラは前に移ったが、ステージ前方を向いて踊る他メンバーとは対照的に深澤は横を向き棒立ちのままで、カメラをにらみ続けた。 カメラが右奥に移動していったん見切れた後、前方中央からの映像に移ると深澤は何事もなかったかのようにダンスに加わっていた。

■ 『Snow Man』深澤辰哉がカメラをガン見! そっぽ向き棒立ち…

「Snow Man」のファンによると、奇妙にも見えるこの行動は計算ずくだった模様。テレビに抜かれないと悩んでいた深澤に『バナナマン』の日村勇紀がアドバイスを送ったといい、その通りに深澤が動かずにいたのではとした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.