くらし情報『『FNS歌謡祭』優里の“弾き語り”にツッコミ「ギター持つ意味あった?」』

2021年7月15日 11:05

『FNS歌謡祭』優里の“弾き語り”にツッコミ「ギター持つ意味あった?」

『FNS歌謡祭』優里の“弾き語り”にツッコミ「ギター持つ意味あった?」

(C)Liza888 / Shutterstock

シンガーソングライターの優里が、7月14日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演。名曲を歌い上げたものの、ギターを持つ姿に視聴者からツッコミが相次いでいる。

この日の優里は、黒い服に白スニーカー姿。ギターのストラップを肩にかけてヒット曲『ドライフラワー』を披露した。曲前には相葉雅紀、永島優美アナウンサーとトークも展開。同曲がストリーミング再生回数3億回を突破したと永島アナが告げると、優里はギターの弦を押さえながら「ふと入ったお店とかで眺めてると『いろんな人に届いてるんだな』とうれしい気持ちになります」と喜ぶ。

優里は『ドライフラワー』を男性目線で歌った曲、『かくれんぼ』を女性目線で歌ったアンサーソングだと明かす。永島アナは「歌詞に注目して聴きたいです」、相葉もよく聴く曲だとし「歌詞がスーっと入ってくるんですよね~。力強い声でね~」とうなずいた。

■ ギターをほとんど弾かず「重くね?」「音鳴ってるのに」

ここでトークが終わり、曲に入った。バックでギターの音が鳴る中、優里はギターを持つ両手をマイクにやり、歌い始める。サビに入る直前にマイクから手を離し、弦を弾くそぶりを見せたがこのとき手元はカメラに映らなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.