くらし情報『“いじめ自慢”小山田圭吾に擁護の声も…炎上は時代変化が生み出した?』

2021年7月18日 10:33

“いじめ自慢”小山田圭吾に擁護の声も…炎上は時代変化が生み出した?

July 15, 2021

当の小山田は、16日に自身のツイッターを更新。今回の騒動に触れ、《このたびは、東京2020オリンピック・パラリンピック大会における楽曲制作への私の参加につきまして、多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます》と謝罪。《ご指摘頂いております通り、過去の維誌インタビューにおきまして、学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為を、当時、反省することなく語っていたことは事実であり、非難されることは当然であると真撃に受け止めております》と認めて、その後も幾度となく謝罪していた。

開会式の音楽担当は続ける見通しということだが、ツイッターでの謝罪を叩く声も少なくない。混乱を極める東京五輪だが一体どのような祭典になるのだろうか…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.