くらし情報『『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」』

2021年7月25日 17:30

『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」

『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」

(C)Kues / Shutterstock

2018年に起きた暴行事件で、すっかりアイドルグループとしてのイメージが失墜してしまった「NGT48」。同グループは今も存続しているのだが、残されたメンバーはどのような活動をしているのだろうか。

まず現在のメンバーは、1期生12名、2期生12名、ドラフト3期生4名の合計28名。一時期バラエティー番組などに引っ張りだこだった、荻野由佳や中井りかといったメンバーも相変わらず活動中だ。今年6月には、6枚目のシングルとなる『Awesome』をリリース。センターは今回が初の抜擢となる、2期生の小越春花が務めている。

ちなみに表題曲の「Awesome」は、新潟県のダンスフェスティバル『にいがた総おどり』とのコラボレーションソング。今年9月に開催が予定されているイベントで、当然「NGT48」もライブパフォーマンスを行うそうだ。

他にも「NGT48」の2年振りとなる冠ラジオ『NGT48のえっさこいさRADIO』が、新潟のFMラジオ局『FM-NIIGATA』で始まるなど、なんだかんだと活動を続けている様子。全国区の地上波テレビ番組などではほとんど姿を見なくなったが、以前にも増して〝地域密着型のアイドルグループ〟という色合いが強くなった印象だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.